ワンだフルオーナー#02 木内知美さん 【前編】

| 0 comments

ワンだフルオーナー#02 木内知美さん 【前編】ワンだフルオーナー

わんちゃんに出逢えるお散歩ルート

四條畷に暮らすわんちゃんと飼い主さんをピックアップ。
出会いから今日までの素敵な人生と犬(?)生をご紹介します。

>猫のぼやき
なんや今回も犬のインタビューか。
なんで猫ところに来んのや。
次は猫の回やぞ、
編集長、聞いてるんか!

わが街にもいろんなペットを飼っていらっしゃる家族がおられます。
犬、猫をはじめとして、ウサギ、鳥、金魚、昆虫、中には爬虫類なんて方
もおられるようです。どんなぺットであれ、飼い主にとっては家族も同然。
そんなペット好きのご家庭にお伺いしました。

file no.002
木内知美さん
(四條畷市清滝)

三人の子供たちのママ。
元トリマーだったが、アレルギー気味のご主人と長男のため、
ひまちゃんのトリミングはしない。
根っからの犬好きで、ひまちゃんも一番なついている。

木内紹尋さん宅には、一男三女の子供がいる。
上から、大輝君(今春中1)、菜美ちゃん(小5)、彩乃ちゃん(小3)
そして今回紹介する「ひまわり」ちゃん(3歳)である。

何?写真には女の子が二人しか写っておらんではないか!
そう、もうお分かりの通り、
通称ひまちゃんこと「ひまわり」ちゃんは、トイプードルのワンちゃん(メス)である。

では何故、ペットであるはずの犬が堂々と人間の仲間入りしているのか、
それはひまちゃん当人が、すっかり人間様気分でいるからである。

愛犬を迎えたキッカケは?

ひまちゃんが木内家にやってきた理由は奥様の知美さんのご実家が、
以前よりトイプードルの「ゆうちゃん」(オス)を飼い続けており、
その関係で木内さん宅が新居に移った時もゆうちゃんを預かったりしていたが
やはり犬無しの生活はなんとも寂しかったというわけで、
いろいろなブリーダーでトイプードルを探したそうだ。

その時の条件が「絶対、女の子」。

というのも、先の「ゆうちゃん」が部屋でやるマーキング
(オスが自分の存在を示すためにするオシッコ)の量が凄かったとか。
臭いはもちろん、水分で壁などが腐食するトラブルがあったため。
その点女の子はマーキングの習慣はないので安心とのことで女の子限定。
ブリーダーから女の子が生まれたと聞いて逢いに行ったとき、
体が大きく目や鼻の位置などとてもバランスの良い顔立ちだったひまちゃんが家族に仲間入りしたのだった。
ひまちゃんの「ひまわり」という名前の由来は、
母犬が「はな」ちゃんだったことから「花」繋がりで知美さんが大好きな花から「ひまわり」と命名。

決して「クレヨンしんちゃん」の妹の名前からいただいたのではない。

ひまちゃんの性格については、続きは、後日!お楽しみに♪

(取材 寺前佳代子 文 大森正明)

              

コメントを残す

Required fields are marked *.

*